本人名義のカードの使用を

クレジットカードの現金化は、本人名義のカードでしか行えません。
たとえ家族や兄弟であっても違法になりますので注意しましょう。
ただ、カード現金化業者側は、カード現金化の利用者が、カードの所有者なのかを判別する方法はありません。
最近はオンライン決済の業者が多いので、特に難しいと言えるでしょう。
店舗を構えている業者では、免許証等の身分証明書を見せるようになっているのですが、他人の物を持ち込んでもバレないのが現実です。
普通に決済し、代金の支払いが完了すれば他人名義のカードを利用しても問題ありませんが、返済できないと大問題を引き起こしてしまいます。

また、急に現金が必要になり、カード現金化の手続きを他人名義のカードを使って自宅以外の会社や漫画喫茶のパソコンで入力した場合には要注意です。
悪用されないように、必ず購入した履歴を削除しておきましょう。
いつ何が起こるかはわかりませんから、自分以外の名義のクレジットカードを使用する事や、トラブルの元となるような事は避けて、安全にカード現金化を利用してください。