クレジットカード現金化のメリット

クレジットカード現金化を利用するメリットは「審査がないこと」と「利用可能枠が大きいこと」の2つが挙げられます。

一般的なカードキャッシングや消費者ローンを利用しようとする場合には、基本的に事前の審査が必要となります。収入があまり多くない場合や、他の会社から借入がある場合には、ほとんどキャッシングができないという可能性もあります。一方、クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化は、審査の必要がまったくないため、すぐに現金を手にすることができる、というメリットがあります。

2つ目のメリットは「現金化できる金額が大きいこと」です。クレジットカードは大抵、ショッピング枠の他にキャッシング枠が付帯しており、カードの所有者は銀行やコンビニのATMを利用して自由に引き出すことができます。とはいえ、クレジットカードのキャッシング限度額は多くの場合、ショッピング枠の半分ないし3分の1程度に設定されており、ゴールドカードやプラチナカードでない限り、まとまった金額を引き出すのは難しいのです。またローン金利が高めに設定されている、というのもマイナスポイントです。こうした点を考えると、ショッピング枠を利用したクレジットカード現金化の方が利点が多いと言えるでしょう。(データは2017年現在)