カード現金化とカードローンの相違点

資金調達の方法には、カードローンとクレジットカード現金化の2通りがあります。
カードローンは一般的に知られており、多くの人が利用しています。
クレジットカードの現金化も近年どんどん利用者が増加している今注目の資金調達方法です。
両者は現金を借りるところは同じなのですが、いくつか違う点もあります。

一番大きな違いは、カード現金化には、来店したり、審査を受けたりしなくても良い点です。
ただクレジットカードのショッピング枠を使って業者指定の商品を買って、キャッシュバックをうけるだけなのです。
つまり、普通にショッピングしたのと同じなので、審査する必要はないとみなされます。

一方カードローンを申し込む場合には、厳しい審査を受けなくてはいけません。
申込む際のフォームに記載する項目もたくさんあり、結構時間がかかりますし、とにかく面倒です。
また、審査が終わるまでにも時間がかかるので、即日融資を受けられるとは限りません。
会社によっては審査に長い時間がかかる場合もありますから、その間やきもきしながら待っているというのも辛いですよね。
まして、待った挙句に審査に不合格になると、ならくの底に突き落とされたような気持ちになるでしょう。

ですが、カード現金化を利用すれば、カードローンの審査に通らなかった人でも、持っているクレジットカードのショッピング枠に余裕があれば現金を借りられます。
しかも、インターネットを利用すると、即日に入金してもらえる場合が多いので、今すぐにお金を調達したい人にはとても有難いサービスだと思います。

それから、もうひとつの違いは金利です。
カードローン、クレジットカードのキャッシングを使うと、会社によって定められた金利を払わなければなりませんが、カード現金化では金利が発生しません。
カード現金化はクレジットカードのショッピング枠を利用しているので、請求書が後日クレジットカード会社より送付されてきます。
ただそのときに、分割払い、リボ払いで支払うことにすると、金利や手数料を払うことになります。