クレジットカード現金化で忘れてはいけないこと

クレジットカードを利用した現金化は、24時間利用できてスピーディーにキャッシュを手に入れることができる、という利点があります。

一方で、あまりに手続きが簡単でキャッシング枠よりも大きな金額を受け取ることができるため「支払いの請求が来る」という点を忘れてどんどん使ってしまう、というケースも見られています。中には、「気が付いたらショッピング枠ギリギリまで使ってしまっていた」という人もいます。

ですから、クレジットカード現金化を利用したなら、その日付と金額をきちんとメモにしておくことはとても大切です。

 

「クレジットカード現金化はあくまで借り入れしたお金である」という大原則を忘れてしまうと、支払い日に引き落としが完了せず、クレジットカード会社に悪い履歴が残ってしまうだけでなく、カードの使用そのものを止められてしまう可能性もあります。

ですから、クレジットカードの現金化を利用する時には、「どのように利用額を返済日までに工面するか」を事前にある程度計画しておくことが大切なのです。

「緊急にキャッシュが必要」というケースでは、必要な金額だけを現金化することで、後になって「あんなに借りなければ良かった」という事態を避けることができるでしょう。